2018/05/11

BOOTH Festivalに参加します!



Pixiv運営の、web上で開催する次世代の即売会
『BOOTH Festival イラスト・マンガ・書籍回』に参加いたします!


【BOOTH Festival イラスト・マンガ・書籍回】
2018. 05/11 (FRI) 21:00〜 5/13 (SUN) 23:59
『ななえちゃんの本たち』というサークル名になります。
マンガZINE「ODD STRANGE COUPLE」1〜3巻が対象になります。
今見たらグッズもイラストだから参加できる…?登録してみます!

▼▼私のページはこちらです:
「ODD STRANGE COUPLE」1巻は在庫切れなので受注になります。こちらを機にぜひ入手してみて下さいませ♪

▼イベント概要:
https://booth.pm/ja/exhibitions/bf-books



当日になっての告知になってしまいました、すみません。私Pixivも使ってまして、時々見て回っているんですが、たまにweb上イベントを行っていることを知りまして。実験としてですが参加しようと思いました。


それについて、下記つれづれと長〜く思うことを書いちゃいました。おヒマな時にお読みくださいませ!





以前Twitterでもつぶやいたのですが、自分の絵はPixivよりかというとそこまでそうではないと思っています(てかそうですな)。日本だけではないんですが、これだけ細分化されてミックスメディア化されてる世界が国内にあるという状況って日本が一番すごいんじゃないかなと思います。そのわりには人と話していると「あの絵柄はあっち系だよね」とか「あれは興味ないかも」「フォロワーの数すごいね笑」または「あーアートとかオシャレ系ですね」「ちょっとあのハイファッション的なのは自分の領域じゃないかも」と聞こえてきて疑問がおきます。そして、pixivでもありますがイラストコンテストで同じ領域の絵柄が揃う時をよく目にし、「差別化すごいな」と思います。まぁイラストレーターからしたらなぜ漫画作家さんの作品展開がすごいのかとかそこから来るそれぞれの嫉妬とか様々なモヤモヤが話題に上がったりしますね。でも解明してみたり考えたりするのは良いことなのではないかと思います。私自身も一時期はそれなりの偏見だったらこうだから近寄らないとかありました。実際、私、絵はどんなジャンルでもほとんど好きです。自分の領域と関係ないかもしれないところの方とかと仲良かったりしてます。つまり絵で表現するもの同士国境はないと思っています。それに広義では同じ職業、学べるところがお互いにあると感じています。イベントや展示では商品買って頂いておりますので、今回は実験も兼ねて参加しております。地道にトライしてみようと思います。



個人の告知で描いたこの画像ですが、web上で行われるイベントなので自宅で部屋着で身だしなみも家ペース状態の同人誌あさってる女の子にしてみました。実際家ペースの格好ってみなさんどんな感じなんでしょう?私は外着できなくなった服を部屋着に回してるのであんま変わらないんですが…




今年は久しぶりに新作を増やそうと地道に行動していて、国内外の様々なイベントや企画にも目を通しています。今回参加するpixivのイベントもですが、イラストレーションの展開の可能性を求めて活動していこうと思います。一生この職業をやっていくつもりですので、何卒!