2019/07/27

EXHIBITION: 2018.9/6 - 9/9『レレレノレター展』




2018年9月、東京で個展をします!
メインビジュアルができましたのでお知らせいたします。
今回は5月発行のZINE「LETTER」からつながる展示会になります。
展示ではイラストの原画展示、ZINE「LETTER」と「LETTER 2」、
オール新作のグッズを販売します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


河原奈苗 個展『レレレノレター展』
2018.9/6(木)-  9/9(日)12:00 - 19:00(最終日は18:00まで)
MOUNT tokyo https://mount.co.jp
(東京都目黒区八雲2-5-10 Googlemap
東急東横線「都立大学駅」より徒歩6分


今回はワークショップを行います。
ZINE「LETTER」から、展示オリジナルのイラストペーパーから
レターをつくって大切な人に送りましょう〜。

▼▼ワークショップ「LETTERをつくろう」
【9/8、9/9の15:00 - 17:00に開催します。】
ワークショップ時間内であれば、いつでもご参加OK⭐︎
【参加費(※封筒が各々ついてきます)】
・展示特別イラストペーパーご利用(3種):¥500
・ZINE「LETTER」1冊ご利用:¥1,000
(ZINEは、1か2どちらかをお選びください)


在廊時間はこちらになります。
作品へのご質問など、お気軽にお声がけください。
作家在廊日
・9/6(木) 12:00 - 15:00
・9/8(土) 14:00 - 19:00
・9/9(日) 13:00 - 18:00


▼▼その他詳細は随時ウェブサイトor Twitterをご確認くださいませ♪
Twitter: @nanaekawahara
Instagram: @nanaekawahara


▼DMご希望の方は、お送りさせていただきます。
以下リンク先より必要事項を明記の上、申請をお願い致します。
・最初に「2018年個展DM希望」を入れてください。
続けて【郵便番号、ご住所、ご氏名】を書いて「おくる」ボタンを押して完了です。



どうぞよろしくお願い致します。
みなさまのご来場をお待ちしております!



2018/08/09

8月いつも思うことからのはなし


前回の投稿のラストでなぜこんなに私は戦争に関心を持つのかという話をしました。
http://barbaratics.blogspot.com/2018/08/diary-dm-mount-tokyokuva-1-website.html

文字数制限あるのでTwitterではなんとなく書きづらい・Twitterだと流れやすいので(告知とかはいいけど)、ブログに綴ります。




本題ですが、もちろん親と学校の教育からの影響だと思います。
関心を持った記憶のひとつは、小学生の頃にアニメ映画で「アンネの日記」を観に行ったことかと思います。Wikipediaにありました、マッドハウス制作:https://ja.wikipedia.org/wiki/アンネの日記_(1995年の映画)
当時アンネより年下の私でしたが、もし自分が同じような目にあったらということを感じて悲しくて仕方がありませんでした。もう少し若い記憶で、小学校低学年の頃に友達の家で多分「火垂るの墓」の本があり、そこで全身火傷を覆い包帯巻きにされた母親の絵がありとてもショックを受けました。前述のアンネのことも含めなんでこんなことが起きるのか全く理解できませんでしたし、こんな歴史があることも衝撃でした。他にも低学年で江戸東京博物館行ったときに、江戸の暮らしより戦時中の映像の方がショッキングでずっと気になってました。


おそらく自分が生まれ育った東京で、祖母・叔母・叔父は戦争を経験している、現在とは全く違う残酷な環境というその事実を受け入れるために必死だったのかもしれません。

もし自分がここにいたら、とかこれを経験したらとよくイメージを浮かべます。祖母と叔父が生きている間は二人から戦争のお話も聞きました。上海へ出張がありそこで日本軍に対して色々と感じ国家に不信を持った祖母。10代の半ば、空襲に遭い目の前で同級生が死ぬ光景を目の当たりにしながらも生き延び、日本や大人に対する絶望や不信を感じた叔父。叔母は10代初め頃の年齢で、当時は疎開していたそうです。彼女は戦争については多く語らなかったそうです。繊細な子供心には、それぞれ感じることが違い蓋をしてしまう叔母のような方もいれば、表現の場に持ち込み貫き通した叔父のような方もいます。この三人はもう他界しています。


昔は夏休み中、昼間でも戦争をテーマにしたアニメ作品がテレビで流れていたりしていたのでよく見ていました。今はないですが、自然に子供に伝える形としてはいいのではないでしょうか。今の時代の子供たちはテレビを見るのかわかりませんが・・(私はテレビっ子だったので^^;)それともそのようなショッキングなものを見てからのケアができる親御さんや環境が少ないのでしょうか?



私は和光学園という学校に通っていました。
ここでは小学校高学年で太平洋戦争についての勉強があります。小6で沖縄について学び、エイサーと三線を習い、実際に沖縄に行き、戦争と米軍基地のことを現地の方のお話を交えて勉強しまとめ本を作ります。観光旅行の要素は1/3・・・もないかな、私のときは台風来てたので海で遊べませんでしたが笑。

安室ちゃんが大ブームのときでバスにTBCの広告貼ってありました。そして沖縄で米軍による婦女暴行事件があったのもこの年で担任の先生がこの問題について真剣に取り組んだことも覚えています。

和光学園というと教育方針的な面で認識される方もいると思います。あと制服がなかったり芸能界のお子さんが多かったり。他には学年に2名ほど(クラスだったかな?)障害を持った生徒を入れる枠があります。

この学校の良いところは幼稚園や小学校で山登りや水泳など、自然に対して経験をさせること、そして戦争について学び考えさせることと思います。戦争以前の日本教育についてはほぼ皆無なのでぽんこつです・・・自力で勉強するほかないです。大学は多摩美なのでやっと外に出た感ありますが、それまでずっと楽して和光だったので・・今考えれば高校はちょっと他へ行ってもよかったなとは思います笑。

綴ったように、私は家庭と教育機関で戦争について関心を持ち学んできました。しかしこのことは今も進行中です。死んでも終わりません。近年やっとと言っていいくらい経験された方が証言を残しています。ただ簡単にやっととい言えないです、彼らには様々なトラウマがあり本当にやっとなのです。辛いと思います。

当時の経験をしている方がお亡くなりになっている中、経験をしていない分引き継ぎをするべきは私たちです。


画像ですが、なんでドチザメ?
写真は去年の夏に「夜明けの祈り」という映画を見に行ったとき、新宿の武蔵館で展示されていたんです。第二次大戦後ソ連軍に襲撃された修道院のお話です。
「ハイドリヒを撃て!」という映画(こちらはナチスに立ち向かう若者たちの話。未視聴)も上映されててドチザメは海のイケメンだから・・・ということでした(頭に?が浮かぶ)。



長いですね・・・!英訳する気力ないです。ごめんなさい〜。
私自身、物書くの得意ではなくこの文章書きまとめるのもちょくちょく修正しています。
でもたまに自分の考え書きおこしも悪くはないかな・・と。公開という形式も、記録するという面で良いかと。
なにかあれば、こちらで感想や意見もどうぞ〜:
https://marshmallow-qa.com/nanaekawahara?utm_medium=url_text&utm_source=promotion
※匿名で書き込めます♪

そして私は個展準備に戻ります。
コミティアも何か新しいの持って行きます!






2018/08/06

暑い中行ってきました


今日はDiaryの投稿です。

本当に毎日暑いです・・・海老名の図書館はご覧になっておりますでしょうか。
私は土曜日にDM配布と友人の展示を見に、外出しました。
MOUNT tokyoで現在の進行状況を話したりし、ギャラリーで展示中のkuvaさんの作品で涼んだり。
置かせていただいたギャラリー様には感謝です。
外苑前から原宿へ、少し歩くだけですぐに熱中症になってしまいそう!
入れるお店に入って涼をとり水分をとりと1日を過ごしました・・・・

友人の展示は、にしみやちえちゃんの展示です。
website: http://tatatambourine.blog48.fc2.com
まだ木曜まで開催されていますので、お近くの方におすすめしてます。
かわいいだけでなく生活になじみそうな感じで、グッズもぜひ買いです。




愛媛出身の方なので、災害について心配しましたがちえちゃんのところは無事だったようです。
今日この記事を書いている日は原爆が落とされた8月6日です。
そして広島県の呉市が豪雨の災害で日々テレビで報道されております。酷暑の中、式典の様子も昼間見ていました。
本当に少しでも早く状況がよくなるようにと思っております・・
今の時期はTBSドラマで「この世界の片隅に」も放送中で、私はまだ原作はしっかり読んでいないのですが映画は見に行きました。呉市について関心を持っています。今朝Twitterを見ていたら、こうの史代さんの「この世界の片隅に」ではなく随分前に山代巴さんの「この世界の片隅に」という本が発行されたことを知りました。

記者の石戸論さんという方が紹介しています。


もしかしたらここで書くのは初めてかもしれません。
私が太平洋戦争、第二次世界大戦について思うこと。
なぜ強く関心を持つのかというと、子供のころから親に教えられ学校に教えられだったのが影響していると思います。書けば長くなりそうなので、なるべく簡単に書きたいと思います。9日には長崎原爆の日があり15日には終戦の日もありますので、その間的な日にちに書くといいかもと思います。とにかく暑い中みなさま体調にお気をつけください。











2018/07/28

EVENT: 8/1〜8/31『C/STORE 蔦屋 海老名私立中央図書館』



【イベント参加のおしらせ】 2018.8/1〜8/31 蔦屋書店 海老名市中央図書館 イベントスペース『C/STORE』 にて、イラストミニ作品、ポストカードや手描きトートバッグなどの展示販売をいたします。
お近くの際にはぜひお立ち寄り下さいませ。

C/STORE (C/LABORATORY): http://claboratorys.com/cstore2018tsutaya-ebina-9680  海老名市中央図書館: https://ebina-sp.city-library.jp/library/



既存・再販の作品に加えてバッグやミニ作品も新作があります。
海老名市にお住みの方いらっしゃいましたら、ぜひ!
蔦屋併設の図書館は私も行ったことないので、時間みつけて行ってみたいです〜。
スタバもあるし、ゆっくりできる空間そうですね。





ここらへんのは制作途中の写真になります。
図書館をテーマにしたバッグも作りました。





どうぞよろしくおねがいいたします。


2018/07/24

SUMMER 2018




2016年夏制作「Let's Go」
これを描いた年よりも、数倍暑いです今年の夏・・・・

一応対策はしてるけど、これからの夏を考えるとしんどいです。
2020年のオリンピックなんて開催できるかな。
日本に住んでいる私たちは、テレビをつければネットを開けば暑さ対策の情報が度々目に入るけど、観光客は大丈夫なんだろうか。

はー・・・日曜〜月曜きつきつスケジュールをしてしまったので今日月曜とても辛かったです。
頭割れるように痛いわ体もバキバキ。寝ます。

お互いに暑さ対策して気をつけましょう!



This work 'Let's Go' made in 2016 summer.
This summer is super hotter than few years ago.

I can't believe I can live in the future but I'm trying the battle with this horrible summer.
Is that still ok for the Tokyo Olympic Games in 2020?
People in Japan can see information through TV or the internet though, I feel worried about tourists.

Well, I'm also have to take a rest. I was working all day in Sunday and Monday so I have a headache and a muscle pain and with summer heat. Be careful everyone, don't lose to this summer!



2018/07/14

WORKS: ウェディングのご依頼





デザインのご依頼:先日ご結婚されたご夫妻さまより、「ひきでものを特別な感じにしたい」と、てぬぐい用のデザインをさせていただきました。上記の画像は、一部です。下にありますのが全体図。彼らの好きなものやエピソードを少し盛り込ませています。ご依頼、誠にありがとうございました。





このような個人さまのご依頼も承っております。
イラストやデザインでグッズやギフトを彩ることができます、場合によっては制作と、原画を差し上げることも可能です。今回はご依頼されたお二人が、ひきでものともつながるので会場にも飾ることができたら・・・と、ウェルカムボード代わりとして原画をお渡しいたしました。原画お渡しの際はお値段が加えられてしまいますが、ご予算が大丈夫な場合は都度交渉いたしますのでご相談くださいませ。




This is the work for illustration of Japanese hand towel, that is requested by a couple who just got married recently. In Japan the marriage couple give a gift to the guest, this idea of hand towel is by my client.

I accept these personal clients, because some people would like special things for gifts and goods. This time, the couple wanted the original illustration as it was the best to put it at the ceremony with 
the gift. If you don't mind the payment for the illustration works(of course it depends on the negotiation), I can say OK for giving the works.







2018/07/12

少しでも


日本の九州、中国地方で豪雨の災害があり、大きな被害が今も拡大しております。関東に住んでいるので私の住む地域は大丈夫ですが海外の方から心配のご連絡を受けました、ありがとうございます。微量な御協力しかできず、申し訳ないのですが、少しでも現地の方々が落ち着けますように願います。

I'm sorry for the disaster by worst flooding in west of Japan. And thanks for giving your feeling from other country, I'm safe as living in the east. I hope the people in the west will feel better, although my help is a little...






テレビやTwitterで情報を確認している中で、ペットへの心配もします。
うちにも犬がいるのでもし何かの被害にあったらと思うのですが、うちの避難場所ではやはりペットは同伴できないようです。学校の一部を借りるとのことなので、ペットがいる家族(さらに犬、猫、鳥など分けて)用のスペースを作れないものなのか・・と疑問を持つんですが。これだけペットを飼っている家庭が多い中で、先進国日本は遅れています。

先日映画「犬ヶ島」観に行きました。
架空と独裁の話ではありましたが、少数ながらも権力に立ち向かう勇敢さとペットおよびこの世で一緒に生きる者たちとの大切さが伝わってきました。それがストップモーションにより、犬のキュート感が増しています。映画見ながらうちの犬のナナのことも考えてました。映画公開とともに、寄付企画もあり少しでも協力させていただきます。
今年は映画を全然見ていないんですが、犬ヶ島は今年一番かも。

犬ヶ島 website: http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/
日本の犬を救おうプロジェクト: https://savejapandogs.anidone.org